丹後マップ  | 丹後へのアクセス  | 海水浴場  | 日本海Maps表示
久美浜/小天橋 夕日ヶ浦/浜詰 網野/八丁浜/琴引浜 間人/弥栄/丹後松島 天橋立/宮津
京阪神(関西)からのアクセスも容易な旨い食材の宝庫「丹後半島」。その丹後半島の中でも、伊根の舟屋で有名な伊根町と並び、大自然と海岸線の美しい町が丹後町「間人」です。間人(たいざ)は、昔ながらの街並みが今も残る小さな漁師町。そんな間人の一番有名な特産品といえば、冬の間人がに(たいざがに)です。たいざの宿では、海と自然の美しい丹後町の間人、砂方、竹野、丹後松島などの丹後町の素敵な宿をご紹介いたします。

間人(たいざ)・砂方の宿泊予約、日帰り旅行(昼食)、団体での宴会予約なら日本海トラベル


日本海Mapsにて間人の位置を確認する

後ヶ浜海水浴場 砂方海水浴場 平海水浴場 久僧海水浴場

丹後半島にある間人(たいざ)といえば、その名をしらない人にはまず読みがわからず、人間(にんげん)を逆さましたおかしな地名と感じられたことと思います。丹後松島と呼ばれる日本海を代表する風光明媚な海岸線には、立岩、屏風岩などの独創的な自然玄武岩をはじめ、経ヶ岬灯台、そして丹後半島の中でも一際「水が美しい」「水の透明度が素晴らしい」などで有名な地です。後ヶ浜海水浴場は名勝立岩を望める美しいビーチです。平海水浴場は、丹後松島と呼ばれる海岸線を構成する丹後町で一番長く美しいビーチです。そして砂方海水浴場は、小さくて砂場と岩場とコントラストが素晴らしい隠れたビーチです。

また間人のある丹後町(京丹後市)は、とかく海の町のイメージが強い町ですが、実は碇高原(碇高原総合牧場)などの高原もあり、この碇高原などから見下ろす丹後町の景色は非常に美しいです。丹後半島一周道路(国道178号線)などの観光を既に経験された方は、間人の東にある宇川地区より車でそのまま碇高原に登れますので、丹後町の自然をもっと深くお知りになられたい方は、一度お試し下さい。

間人は網野に比べ、かに料理や宿泊料金なども比較的高いので、予算控え目な丹後旅行/かにツアーをお考えの方は、網野町やその他丹後町の宿も候補に入れてご検討下さい。

間人蟹は解禁期間(11/6〜3/20)だけ楽しめる間人の冬の味覚の王様


冬の間人蟹・間人かに料理 この間人/丹後町の沖合にて、冬の間だけ解禁となる「ズワイガニ漁」で水揚げされる「間人ガニ」は、小型船による日帰り操業による鮮度と品質で、全国でも最高級とされるズワイガニです。関東の方なら越前蟹をよくご存知かと思われますが、関西の方は「間人蟹」が最高級のずわいがにであることをよくご存知です。間人蟹はやはり間人の宿でお召し上がりになられたいという、遠方からのお客様により、冬の間人は大変賑わいます。間人蟹にご興味のある皆様は以下のページにて、産地直送を行っていますので是非御利用下さい。

間人蟹の産地直送(日本海ショッピング)

間人/丹後町のお勧め周辺観光スポット


海がこれだけ美しい海岸線ですので、様々な見どころがあるのが間人/丹後町です。詳しくは丹後町・伊根の観光スポット一覧にてご確認下さい。

日本三景「松島」のような美しい景色が丹後半島にもある!?そんな絶景を一望できるのがこの丹後松島展望所です。犬ヶ岬トンネルの東側の出口すぐに位置します。
丹後松島展望所
関西最北の岬がこの「経が岬」です。晴れた日に望遠レンズで水平線を覗くと対岸の越前岬が見れることもあります。駐車場から山道を徒歩で登った先には白亜の経ヶ岬灯台が姿を現します。
経が岬灯台
間人(たいざ)の街中から少し車を走らせると広がる後ヶ浜。その浜の中央に立岩が聳えます。周囲が約1kmにも及ぶ全国屈指の一枚岩柱状摂理の玄武岩の奇跡です。
立岩(たていわ)
一階は船の格納庫、二階が居住用。そんな奇抜なアイデアで出来上がった街並みが今も残るのが伊根町の舟屋です。伊根湾の周囲5kmに約230軒の舟屋が建ち並びます。
伊根の舟屋
掲載されている全ての情報や特典等は、日本海トラベルからインターネット予約頂く方向けの限定情報となります。他社宿泊予約サービスを含め、弊社インターネット予約窓口を経由しない、掲載施設とのトラブル等につきましては、弊社では一切関与できませんので御注意下さい。
Copyright (C) 間人の旅路 by 日本海トラベル. All Rights Reserved.
掲載画像・文章および全てのコンテンツの無断転載・加工・複製を固く禁じます